ファクタリングのメリットとデメリット

ファクタリングのメリットとデメリットについて紹介します。

昨今、事業者が融資よりも簡単に資金調達できると評判を集めているのがファクタリングです。

事業資金調達においてファクタリングは非常に便利ですが、そこで気になるのが「メリット」や「デメリット」についてです。

ファクタリングのメリット

 

取引先からの入金を待たずに現金化する事が可能なファクタリングは企業にとって大きなメリットがあります。

まず、売掛金が発生していることが前提ですが、ファクタリング会社は売掛債権があれば取引先の信用度を調査したうえで買取をしてくれるため、取引先からの支払期日よりも早く現金化できるという大きなメリットがあります。
 
1.事業資金を即日調達できる

2.柔軟な審査

3.赤字決済でもファクタリング可能

4.担保・保証人不要

5.借金ではない

6.回収義務がない

7.信用情報に影響しない
 
ファクタリングを利用するうえで最大のメリットは銀行やその他の金融機関よりも圧倒的に早く資金調達ができるといった点になります。

ファクタリングの審査において銀行と大きく異なるのは、債権の償還能力が判断基準とされている点です。

例え赤字決済で利益が出ていない状況でも取引が継続されていて、その売掛金が安定して入金されているのであればファクタリング審査に通ることは難しいことではありません。

銀行融資を断られてしまった企業でもファクタリングであれば利用できる点は非常に魅力的なメリットと言えます。

ファクタリングを利用するにあたっては、ファクタリング会社によって必要書類が異なりますが、事業計画書などは不要ですので、ビジネスローンや銀行での融資に比べると審査も早いだけでなく、リスクが低く素早く資金化することが可能になります。

さらに、二社間ファクタリングの場合は即日資金化ということも可能になるため、申し込みしたその日に資金調達することも可能になります。

また、二社間ファクタリングの場合、償還請求権なし(ノンリコース)での債権譲渡を行うファクタリング業者が多く存在しており、売掛先が倒産したとしても、それを弁済する責任が一切ないというメリットがあります。

さらには決算書においても借入・負債となりませんので、今後の経営にも何らマイナスになることはありません。

近年、手形割引などで支払いサイトが長い契約も多く、結果的に黒字なのにも関わらず、キャッシュフローがうまくいかず倒産という、「黒字倒産」をする中小企業も存在します。

従業員の給料といった人件費や、仕入れ業者に支払いができないといった緊急事態を免れることができるのが、ファクタリング最大のメリットと言えます。

デメリットは?

 
ファクタリングは債権売買契約になります。

3社間ファクタリングを利用した場合、債権譲渡を伴う融資となるため、債務者へ通知又は承諾が原則として必要となります。
取引先からの信用低下のリスク、法的文章の作成が必要といった理由が主なデメリットとして挙げられます。

1.ファクタリング手数料が掛かる

2.債権譲渡登記が必要な場合もある

3.三社間契約だと取引先の承諾が必要

例えば、売掛先が倒産した場合でも弁済義務が発生しない二社間ファクタリングですが、ファクタリング会社にリスクが乗ってくる分、手数料が高いというデメリットがあります。

ファクタリング業者によっても大きく変わりますが、最大30%程のファクタリング手数料が掛かる悪質な業者もあるというのが現状です。

その他にも債権譲渡登記費用や、事務手数料・出張費など別途請求してくるファクタリング業者も存在します。

ファクタリング手数料が30%だった場合、1000万円の売掛債権だったとして、300万円持って行かれるのは中小企業としてはかなりのダメージです。

では、三社間ファクタリングの方が良いのかというと、確かにファクタリング手数料は二社間に比べかなり低くなります。

とはいえ、三社間ファクタリングは売掛先の同意・承諾が必要になるので、時間がかなりかかります。

また取引先に資金繰りが悪いと思われてしまうとデメリットもあります。

早急に資金が必要な場合ですと、三社間でのファクタリングは時間が掛かるためあまりお勧めできません。

また、3社間ファクタリングは債権譲渡する旨を売掛先に通知する必要があります。

よって売掛先に「この企業との取引はもうやめよう」といったことにもなりかねません。

即日資金化できるファクタリングは手軽で便利と言われているのですが、こういったデメリットもあるというのが現状です。

数百円程度であれば良いですが、登記費用、出張費、印紙代等など数十万円かかってしまいます。

さらに、たとえ売掛金が発生しているからといっても、ファクタリング審査に通らないことも十分考えられます。

二社間ファクタリングであっても、ファクタリング会社は売掛先企業の信用度を重視し審査を行います。

売掛先事態が経営難で評価が悪ければ、ファクタリングを利用する事も難しくなってしまいます。

まとめ

 

メリットデメリット
3社間回収リスクが低いため手数料が低い債権譲渡するにあたり、売掛先の承諾が必須
2社間売掛先企業に知られることなく最短即日資金調達が可能回収リスクが高くなるためファクタリング手数料が高い

 
最短即日で資金調達ができるファクタリングは便利ですが、メリットもあればデメリットもあるということです。

ビジネスローンや銀行融資よりも早く、比較的簡単に利用できるファクタリングですが本当にファクタリングを利用して資金調達しなければならないのか見極めることが大切です。

簡単且つ早期に現金が入る反面、代償として決して安くないファクタリング手数料が発生しますし、将来の利益を先食いしていることに変わりはありません。

ファクタリングは使い方さえ間違えなければ、経済産業省も推奨する本当に理にかなったシステムであることに間違いありません。

資金繰りに悩んでいるのであれば、ファクタリングを有効活用することで経営難を打破することも可能になりキャッシュフローも改善されるということです。

>ファクタリングならジャパンファクター!

ファクタリングならジャパンファクター!

ジャパンファクターなら最短即日で売掛債権を買取り!
全国出張可能で出張費用はかかりません!
事業資金問題でお悩みの経営者様は一度ジャパンファクターへご相談ください!

CTR IMG