償還請求権

ファクタリングにおける償還請求権(リコース)の有無についてご説明したいと思います。

償還請求権とは

ファクタリングにおいて、償還請求権の有無はとても大きな問題となります。

償還請求権(リコース)とは、売掛先の倒産・廃業などにより金銭を回収できなかった場合に、ファクタリング利用者などににその費用分の金銭の返還を求めることが出来る権利のことを指します。

ファクタリング利用者に対して、一部保証が発生してしまうため「一部保証」と呼ばれることもあります。

償還請求は、手形が支払い義務者によって支払われなかった場合に、流通を逆に辿って直接代償の返還を請求することになります。

つまり償還請求権は、その償還請求を行う権利ということになります。

銀行などでファクタリングをする場合、原則的に償還請求権有り(リコース)という契約になります。

つまり譲渡担保融資という事になります。

譲渡担保融資では事業主様が保有している売掛債権を担保として銀行から融資を受けるという事です。

この時償還請求権有りだった場合、万が一売掛先が倒産してしまったら事業主様が全て負担しなくてはなりません。

また銀行などで資金調達をする際、原則的に保証人・担保設定が必要になる場合が多いです。

銀行などでファクタリングを利用する時は償還請求権の有無をしっかりと確認して利用しましょう。

償還請求権あり(ウィズリコース)

ウィズリコースは、償還請求権のある取引というになります。

最初に説明しましたが償還請求権とは、売掛先企業が万が一倒産などしてしまった場合に償うことです。

償還請求権ありのファクタリング契約をウィズリコースと言います。

ウィズリコースのメリットとしては、安い手数料でファクタリングを利用できるということです。

反対にデメリットとしては、売掛先が支払えない状況になった場合、弁済しなければならない義務が発生してしまうリスクが発生するということです。

償還請求権なし(ノンリコース)

ノンリコースとは売掛債権を売却した後に、万が一売掛先が倒産した場合でも支払い・弁済責任が発生しないファクタリングになります。

ファクタリング会社が売掛金を回収する前に売掛先が倒産して支払い不能となってしまった場合に、利用者は受け取った資金の一部を返済する必要があるウィズリコースとは違って、ファクタリング利用企業に一切の返済・弁済義務が発生しないことが最大のメリットになります。

反対に、支払い義務が発生しないということはファクタリング会社としては非常にリスクが高くなるため、ファクタリングする際の手数料が高くなってしまうというデメリットがあります。

ジャパンファクターならノンリコースで手数料も安い

ジャパンファクターですが、償還請求権無し(ノンリコース)でファクタリングを利用する事が出来ます。

償還請求権無しでファクタリングをする最大のメリットは、万が一売掛先が倒産してもファクタリング会社が全て負担する事です。

事業主様は一切の影響を受けません。

つまりファクタリングにより資金調達した場合は、返還せずにそのまま会社の資金になります。

ジャパンファクターでは、法人様・個人事業主様にとってとてもメリットのある償還請求権無しでファクタリング契約をさせて頂いています。

万が一売掛先が倒産してしまい売掛金の回収が出来なくなった場合、ジャパンファクターが全て負担致します。

ジャパンファクターでは有難いことに法人様・個人事業主様からのお申し込みが増えてきています。

法人様・個人事業主様がファクタリングについて心配されている事の一つが償還請求権です。

返還請求権有無で比較すると、有の方が手数料など低いです。

ですが弊社では、ノンリコースでも他社に比べて低手数料で売掛債権を買取りさせて頂いているので安心してファクタリングすることができます。

利益を上回るような手数料や、利用者様が不利になるような契約が決して致しません。

ジャパンファクターでは事業主様にとってベストな資金調達のお手伝いをさせて頂きたいと思っています。

今後ともジャパンファクターを宜しくお願い致します。

>ファクタリングならジャパンファクター!

ファクタリングならジャパンファクター!

ジャパンファクターなら最短即日で売掛債権を買取り!
全国出張可能で出張費用はかかりません!
事業資金問題でお悩みの経営者様は一度ジャパンファクターへご相談ください!

CTR IMG