法人の資金調達方法

新規事業を立ち上げ、最初は借り入れなどの資金で余力があり資金ショートすることもありませんが、赤字経営であったり急激な売上増でキャッシュが回らなくなることがあります。

こういった状況が長く続けば続くほど、事業資金を借りては返していくという自転車操業になりかねません。

また最悪の場合、帳簿上は毎月利益が出ているにも関わらず現金が残っていないために黒字倒産する事業者も少なくありません。

今回、そういった資金繰りに悩む経営者におすすめできる事業者融資といったビジネスローンであったり、日本政策金融公庫での借り方、また金融事故がある法人でも即日資金調達が可能なファクタリングをご紹介します。

事業者融資(ビジネスローン)

事業者ローンやビジネスローンと言われる借り入れは、当然ですが返済する必要のあるお金になります。

法人、事業者が融資を受ける方法としては、銀行からの借り入れが一般的です。

メガバンクなどの大手銀行で借りる場合は、支店も多いので利用しやすいというメリットがあります。

ですが銀行で事業資金を融資してもらうためには、決算書の提出であったり返済計画書など必要になることもあります。

そのため、法人などの事業者だからと言って必ずしも融資を受けられることはありません。

反対に、銀行よりも柔軟に対応してくれる事業者ローンがあります。

事業者融資(ビジネスローン)は事業拡大・決算時などのまとまった事業資金のニーズや、一時的なつなぎ資金などの資金繰りに役立ちます。

事業者ローンは、銀行では借りられない法人にも融資を行っていることも多く、第二の事業者向け資金調達方法とも言われています。

日本政策金融公庫

初めて事業資金を借りる方であれば、日本政策金融公庫で融資を受ける方法が金利も低く無理なく返済していくことが可能になります。

日本政策金融公庫は政府が出資している金融機関になり、事業者ローンといった法人向け融資を取り扱う金融機関の中では最もお得に事業資金を借りることができます。

また事業者ローンなどのビジネスローンを利用する際、一般的に保証人が必須になる場合が多いですが、日本政策金融公庫で事業資金を借りる場合、代表者保証も不要で事業資金を借りることも可能になります。

日本政策金融公庫は、中小企業の資金繰りをサポートする役割があるため、ビジネスローンを取り扱う一般の金融機関よりも事業資金を借りやすいといったメリットもあります。

さらに新規事業を立ち上げる方のに、経営向上のためのアドバイスも行ってくれます。

日本政策金融公庫で事業資金を借りるうえで、返済期間が長いということも他社の事業者ローンに比べると利用しやすいポイントだと言えます。

運転資金の返済期間は最長7年

設備資金の返済期間は最長20年

リスケ対応も可能

事業者ローンを利用して経営が順調だとすれば、リスケを行う必要はありませんが、リーマンショックなどの予期せぬ事態に見舞われることも経営者としては考えておく必要があります。

そんな時、日本政策金融公庫では減額申請も認められているため、担当者に相談することで毎月の返済額を減らしたり、返済期間を延長してもらうことも可能になることもあります。

他の金融機関から融資を受けやすくなる

日本政策金融公庫で融資を受けている事業者は、他の金融機関から融資を受けやすくなります。

その理由としては、今まで融資を受けたことがない事業者よりも、日本政策金融公庫で融資を受け、毎月の返済をきちんとしている事業者の方が、評価が高いからと言えます。

法人融資よりも早く資金が必要

法人・個人事業主にとって日本政策金融公庫で借りることができれば、多くのメリットがあります。

金利も低く、ある程度まとまった事業資金を調達できます。

しかし、そもそも審査に通らなければ融資を受けることはできません。

また日本政策金融公庫などで融資を借りるためには、事業計画書の提出など多くの書類が必要になるため、融資実行までに時間がかかります。

一方でファクタリングといった金融サービスでは、最短即日事業資金を調達することも可能になります。

ファクタリング利用者の口コミ

(東京都品川区介護事業者/100万円)

・東京都品川区で介護事業所を経営していますが、国保連からの入金はレセプトを提出して約2か月後に支払われるので従業員の給与などの支払いが大変でした。

しかし介護報酬ファクタリングのおかげで、国保連からの入金を待たずに現金化することができるので資金繰りもかなり楽になりました。いろんなサイトでファクタリングは手数料が高いと言われていますが、追加融資で事業資金を借りられない経営者とってはとても助かるサービスだと思います。

(大阪府堺市/運送業/300万円)

・ガソリン代やETCの支払いがまとめて月末にあるため、売掛先からの入金もすぐに底をつくといった状況でした。帳簿では利益が出ていますが現金が残っていないため黒字倒産の危機でもありましたが、ファクタリングを利用することで資金にも余裕ができました。銀行や金融公庫で借りるよりも早いですし私の場合、申し込みをしたその日に債権を買取りしてもらえたので助かりました。

(福岡県福岡市/印刷業/150万円)

・飲食店などからの発注が多く、主に名刺やポスターなどを納品しています。ただ支払いサイトが長く二カ月後といった取引先も少なくありません。ビジネスローンにも申し込みましたが審査に何か他の資金調達方法はないかと調べていた時に即日資金調達可能なファクタリングを知りました。債権の売買契約なので、取引先に知られるかもしれない不安もありましたが、2社間契約なら取引先に知られずにファクタリングが可能ということだったので2社間で契約させてもらいました。金利で考えるとかなり高いですが、それもまとまった事業資金を調達できるので便利な金融サービスだと思います。

(神奈川県横浜市/歯科医院/500万円)

・近年コンビニの数よりも多いとされる歯科医院を開業しましたが、想像していたよりも集客に苦労していました。知り合いからウェブ集客が効率が良く売り上げも上がると聞き、ウェブ制作会社に相談しました。しかし想像以上に費用がかかるため一度は諦めましたが、このまま集客が伸びないことの方が不安だったため、依頼することにしました。運転資金に手を付けることはできないため、診療報酬ファクタリングで資金調達しました。融資に比べ実行までがとても早いと実感しました。ウェブ集客をはじめてから売り上げも増え、ようやく経営も軌道に乗せることができました。

(愛知県名古屋市/建設業/30万円)

・建設業を個人で営んでいますが、取引先が大きければ大きいほど支払いサイトが長く資金繰りに行き詰まることも多いです。個人事業ということもあり、融資を受けることも難しいのが現状です。資金調達方法を調べていくうちにファクタリングという金融サービスを知りました。ファクタリングは借り入れではないため、個人事業でも即日資金調達が可能になるということでした。取引先の信用度も高かったため、低い手数料でファクタリングしてもらえました。ファクタリングは借り入れに頼らない資金調達方法なので個人事業の経営者にもおすすめできます。

まとめ

事業資金を借りたいと思ったとき、真っ先に思い浮かぶのは日本政策金融公庫や銀行などのビジネスローンだと思います。

ですがそういったビジネスローンなどの借り入れが難しい場合、ファクタリングを利用して事業資金を調達する方法もあります。

ファクタリングなら最短即日で資金調達可能な業者も多いため、急な支払いなどに役立てることができます。

またファクタリングは売掛債権売買契約になるため、借入・負債になりません。

ファクタリング会社は東京をはじめ全国的に増えています。その中でファクタリング手数料や対応スピードなど比較しながら自社に合ったファクタリング会社を選ぶことが重要になります。

ジャパンファクターでは、全国対応で低手数料を掲げており、初めてファクタリングをご利用

これからファクタリングで事業資金調達をご検討される企業様や個人事業主様は参考にしながら利用してみましょう。

>ファクタリングならジャパンファクター!

ファクタリングならジャパンファクター!

ジャパンファクターなら最短即日で売掛債権を買取り!
全国出張可能で出張費用はかかりません!
事業資金問題でお悩みの経営者様は一度ジャパンファクターへご相談ください!

CTR IMG