メニュー

更新日 2019年4月16日

ファクタリング契約・東京本店

ファクタリング契約・東京本店

こんにちはジャパンファクターでございます。

数多くの企業様は年度末決算が終わり少し落ち着き始めたころではないでしょうか。
弊社でも先月と比較すると、若干ですがファクタリングのご相談が落ち着いた気がします。

そんな中、東京都の介護事業者の社長様から介護報酬債権買取についてのお問い合わせを頂きました。

相談内容は、介護事業を立ち上げて間もないことから、入所者の確保や従業員への給料の支払いが上手くいかないということでした。

売掛金買取サービスとも言われるファクタリングを利用し、介護報酬債権を早急に現金化したいという介護事業者様はとても多いです。

介護事業者様の多くは、銀行をはじめビジネスローンなどの融資を利用し資金調達されていますが、開業して間もないことや、経営不振が原因で融資の審査に落ちる場合もあります。

そんな時、売掛金買取サービスを利用することで法人融資に代わり即日資金調達が可能になります。

今回お問い合わせを頂きました介護事業者様も、ビジネスローンなどの融資の審査に落ちてしまい介護報酬ファクタリングをご検討されたようです。

介護報酬ファクタリングは、介護事業者向けの資金調達方法になり一般の売掛債権と異なり資金化するまでに時間がかかることが多いです。

その理由として、まず一つ目に二社間契約とは違い、介護事業者様・国保連・ファクタリング会社の三社間で売掛金買取契約が行われるからです。

介護事業者向けの大手売掛金買取業者でも、最短で3日程度はかかってしまいます。
さらにはレセプトの全額を買取ってもらうことができない場合もあります。

これは実際に国保連から支払われる介護報酬に差額が生じてしまうからなんです。

よって介護報酬ファクタリングで買取り可能額は、請求額の70%~80%になります。

ですがこれはあくまでも弊社以外の介護報酬ファクタリング会社で資金調達した場合です。

ジャパンファクターでは、介護報酬債権の全額、つまり100%買取を実行しています。

さらに最短即日で資金調達が可能になります。

これがビジネスローンや銀行借入などの融資であれば、即日で資金調達できるなんてことはありません。

さらに介護事業者向けのファクタリング会社で資金調達する場合でも、100%買取は行っていませんし、ファクタリング審査も厳しいです。

ジャパンファクターの介護報酬ファクタリング審査は、他社に比べ通りやすく成約率は100%です。

また一般的な債権とは違い、低い手数料で利用ができます。

そして、現在お使いの介護ソフトを変更する必要もありませんし、ファクタリング契約年数などの制約など一切ないので、一回限りのファクタリングでも利用することができます。

今回ご相談頂いた社長様にも、弊社のサービス内容を理解してもらい介護報酬ファクタリング契約の承諾を頂けました。

そして何より社長様が一番心配されていたことは資金化されるまでの日数でした。

どうしても今日中に資金化したいということでしたので、そこは即日資金化を売りにしているジャパンファクターですのでご安心くださいと伝えさせて頂きました。

幸いにもジャパンファクター東京本店に連絡を頂いたのがお昼前だったため、急いで電車に乗り込み、14時過ぎには介護事業所まで伺うことができました。


社長様にお会いした時の最初のお言葉は、「本当に今日来てくれるとは思わなかった!」でした。笑
訪問費用・出張費・は全額弊社負担になりますので安心してご相談下さい。

資金繰りに悩む経営者様のお気持ちは痛いほど分かります。

そんな時、すぐに対応し一日でも早く資金繰りの問題を解決することができれば、他の業務にも取り組むことができます。

事業所を拝見させて頂いたときに感じたことは、とにかく従業員の方は生き生きとしており、入所者の方はとにかく笑顔だったということです。

ここまで従業員の方々が楽しそうにされているのであれば、今後の経営も上手くいくと実感しました。

ファクタリング契約も無事に終わり、当日買取金額を振込させて頂きました。

入金を確認して頂き、契約終了させて頂きました。
帰りの際、姿が見えなくなるまでお見送りして頂き有難うございました。

ジャパンファクターでは、介護事業者向けの資金調達をはじめビジネスローンや法人融資では間に合わなかったり借入審査に通らない法人様や個人事業主様にもファクタリングを行っています。

出張費無料で全国どこへでも伺わせて頂きます!

資金調達する際は、是非ジャパンファクターまでご相談下さい。

トピックス

記事一覧はコチラ