ファクタリングトラブル

ファクタリングにおけるトラブルとは?

ファクタリングは、とても便利な資金調達法です。借金ではなく、売掛金をファクタリング会社に買取してもらう、ということで資金を調達できるため、借金というカタチではなく一足先に現金を調達できるのです。

しかし、残念なことに、これだけシンプルな内容の取引であるにもかかわらず、トラブルも多いと言われています。

一体、なぜファクタリングでトラブルが起きてしまうのでしょうか。

ファクタリングにおけるトラブルについて解説していきます。

ファクタリングをおさらい

ファクタリングについて、あまり理解されていない方のために、ファクタリングというサービスについておさらいします。

ファクタリングとは、売掛金をファクタリング会社に買取りしてもらい、売掛先からの支払いを待たずにいち早く現金化することができる便利なサービスです。

そんなファクタリングには、大きく分けて、ファクタリング利用企業様とファクタリング会社だけで取引が行われる2社間ファクタリング、ファクタリング利用企業と売掛先(取引先)、ファクタリング会社で行われる3社間ファクタリングの二種類があります。

細分化していけば、もっと複雑な内容となりますが、基本的には、ファクタリング利用企業が売掛先(取引先)へ売掛金を発生させ、その売掛金分の証明をファクタリング会社に行い、手数料を差し引いた額を買取してもらう。のち、売掛先から振り込まれた売掛金をファクタリング会社に支払えば終了、という流れです。

ファクタリングで起こりうるトラブル

売掛金を買取し、手数料分を支払い、売掛先からの入金後にファクタリング会社に振り込む。

とてもシンプルな内容に感じますが、なぜトラブルが起こるのでしょう。

ここからは、ファクタリングにおけるトラブルについていくつかご紹介していきます。

法外な手数料&違約金

ポジティブな理由でファクタリングを行う企業ではなく、経営状況がピンチな事業者様がファクタリングを利用する場合、見境なく、すぐに売掛金を現金化できるファクタリング業者を利用しがちです。

しかし、まだまだファクタリングは日本で浸透していると言える状況ではなく、怪しい悪徳業者に騙されてしまう人も少なくはありません。

相談した後、驚くほど高いファクタリング手数料を取られたり、売掛先の入金があった日ではなく、段階的に入金を迫りその度に手数料を発生させるなど、結果的に余計に資金繰りが厳しくなることがあるのです。

資金繰りを健全化させるためのファクタリングですから、利用するファクタリング業者は慎重に決める必要があります。

契約内容によるトラブル

ファクタリング会社の中には、契約書を作らない業者や、内容がこと細か過ぎて見落としてしまうような、わざとわかりにくい書類を利用する悪質な業者があります。

例えば、前述したように売掛先から資金が振り込まれてからではなく、前払いなどを要求するという契約内容だった場合です。

売掛金が大きく、先に現金を使ってしまった場合に売掛先に早めの入金を催促しなければなりません。

今後の取引に支障を来たすことは間違いありませんし、結果的に資金繰りが苦しくなることは目に見えています。

ファクタリングを行った結果、資金繰りが悪化してしまうといったトラブルも多いです。

二重譲渡

ファクタリング会社に売掛金を買取してもらう、ということは商品自体ではないため、ある意味では口約束的な部分があります。

必要資料を用意し、さまざまな審査の結果それが証明できてはじめて買取りが成立しますが、商品でないことから、それを利用して悪質な方法を考える業者も少なくありません。

例えば、C社がD社に売掛金を発生させ、それを使って二社のファクタリング会社に債権を買取させるという方法です。

現金を早めに多く集め、決済さえうまくできれば今を乗り切れるだろう、という安易な考えですが、横領罪をはじめ、背任罪又はその共犯等などが疑われるため、明らかな犯罪と見なされてしまいます。

こういったことを防止するため、ファクタリング会社では、契約違反をした利用者には厳しい法的措置を行いますが、知らずにこういった犯罪行為に触れる可能性もあり、それが原因でトラブルとなります。

例えば、A社と B社を天秤にかけている時、B社の応えが先に返ってきたのでそちらと話を進めていたら、後にA社からより良い条件が提示されたとします。

そこで、B社はやはりダメだったと断りを入れた際、A社と契約したことを伝えると、相手は契約したものと思って違約金を請求してくることがあります。

結果的に、天秤にかけていたことが仇となり、結果膨大な違約金を支払うハメになるトラブルも起こり得るので、注意して契約しましょう。

ファクタリング会社が危険!?

ファクタリングを利用する際は、業者に注意しなければいけません。

ファクタリングというサービスは、すでに売掛金が発生しているため、業者側にリスクが少ないという事が言われています。

しかし、二社間取引などで売掛先が倒産してしまった時のリスクは当然あります。

そのため、借入の金利や利息よりも高い手数料がかかってしまいます。

その高い手数料に目を付けた闇金業者がファクタリング会社を名乗ったり、反社会的勢力の関係者が経営していたりと、実は危険な業者である可能性もあるので注意が必要です。

また最近では、会社員の給与を対象にした「令和の闇金」とも言われる給料ファクタリングも増えてきています。

給料ファクタリングについてはこちら

安心して利用できる、ファクタリング業者を選ぶことが大切です。

業者の見極め方

ファクタリング業者とのトラブルを起こさないためには、まずファクタリング業者の見極めが大前提となります。

金融業でもそうですが、闇金を利用してしまう方は、オイシイ謳い文句やあり得ない手数料提示、登録無しか否かなど、細かな部分を無視して契約してしまいます。

ファクタリングに関しても同様に、信頼できる業者か否か、徹底調査してから申込む必要性があります。

ファクタリング業者の見極め方の一つとして、「一般社団法人日本ファクタリング業協会」に加盟している業者を選ぶことで、安全な業者を見極めることができます。

株式会社ジャパンファクターでも、一般社団法人日本ファクタリング業協会に加盟したことにより、ファクタリングサービスに関する健全化を図ることができると感じています。

日本ファクタリング業協会員情報

今よりもより良いファクタリングサービスを展開していきたいと思っています。

会社の将来に関わる取引だからこそ、丁寧に、そしてゆっくりとファクタリング契約を進めるようにしましょう。

>ファクタリングならジャパンファクター!

ファクタリングならジャパンファクター!

ジャパンファクターなら最短即日で売掛債権を買取り!
全国出張可能で出張費用はかかりません!
事業資金問題でお悩みの経営者様は一度ジャパンファクターへご相談ください!

CTR IMG