ファクタリングとは?

近年、手形割引に代わる資金調達方法としてファクタリングという金融サービスが主流になってきています。

まだファクタリングについてよく分からないといった経営者様向けにジャパンファクターでは、ファクタリングの仕組みやメリット・デメリットについて詳しくご紹介していきます。

経済産業省も推奨するファクタリング

 

ファクタリングとは、企業から売掛債権を買い取り、売掛債権の管理や回収を行う金融サービスになります。

ファクタリングを利用することで売掛債権の早期資金化が可能になり、企業のキャッシュフローも改善されると経済産業省も推奨している資金調達方法になります。

ファクタリングの簡単な仕組み

ファクタリングの仕組みを簡単にまとめると、「月末に取引先から入金があるので、その売掛金を前払いして下さい」というものです。

手形割引に似ている金融サービスです。

例えば、売掛先A社の売掛金をファクタリング業者に売却し、入金される前に資金を調達して企業の資金繰りを改善させるということになります。

ファクタリング契約には大まかに二種類の契約方法があります。

債権者であるA社(利用者)が、売掛先に債権譲渡通知を行わず直接ファクタリング会社に売掛金を前払いしてもらうか、A社とB社(売掛先)とファクタリング業者の3社で契約書を交わして、売掛先の承諾のもと売掛金を前払いしてもらうなど、契約方法が変わってきます。

診療・介護系のファクタリングもありますし、海外企業を相手にしたファクタリングや、A社がどのような事業を行っているのかによって、選ぶべきファクタリング契約が異なるということです。

一般的なファクタリングは二種類

ファクタリングには二種類の契約が存在します。

まず基礎知識として覚えておくべきは、「二社間ファクタリング」と「三社間ファクタリング」の二つです。

ここではまずこの二つについて簡単に解説します。

二社間ファクタリングについて

 

 

2社間ファクタリングとは売掛先に通知せずに債権譲渡を行い資金調達をする方法です。

ファクタリング会社との債権譲渡契約に基づいているため、融資ではなく債権売買契約になります。

3社間ファクタリングで行われる売掛先への債権譲渡通知を行わず、ファクタリング業者との間で債権回収業務委託契約を結ぶことで売掛先に知られず債権譲渡を実行する資金調達方法になります。

2社間ファクタリングのメリットは、売掛先に資金繰りで困っているということを知られないので関係性が悪化することがありません。

三社間ファクタリングについて

3社間ファクタリングでは、契約時に売掛先の承諾・押印が必要になるため、ファクタリング会社は申込んできた企業へ承諾書を渡すか、ファクタリング会社が売掛先へ郵送します。

売掛先に債権譲渡の旨を伝え、問題なければ承諾書へ署名・押印してもらいます。

ファクタリング会社によっては、このときに「同行して説明」「3社間ファクタリングの説明書類を提供する」など承諾を得るための手助けをしてくれる会社もあります。

売掛先の同意書(承諾書)が得られたら、ファクタリング会社は審査を行い問題なければ売掛先とファクタリング会社で債権譲渡・売買契約(ファクタリング契約)を締結します。

その後、ファクタリング会社はファクタリング手数料を除いた買取金額をファクタリング利用企業へ支払います。

これが3社間ファクタリングの仕組みです。

ファクタリングにかかる手数料、費用とは?

2社間・3社間ファクタリングについて簡単に説明しましたが、ファクタリング業者はどのように儲けを出しているのでしょうか。

まずファクタリングには、必ず手数料がかかります。

ファクタリング業者やファクタリングの種類によって手数料は違ってきますが、基本的な手数料は3%〜20%と覚えておくと良いでしょう。

当然、売掛先の信用度によってもファクタリング手数料は変わってきますし、取引期間や信用、申込する企業の経営状態でも左右されます。

そのほか、登記費用、紹介料、印紙代等、経費が別途かかる場合もあります。
商業、法人登記簿謄本

法人代表者登記印鑑証明書

納税証明書

債権譲渡契約書印紙代

登録免許税(債権譲渡登記)

登記事項証明書交付

ジャパンファクターでは上記の費用は一切かかりません。

そのほか、さまざまな事務手数料も発生するでしょう。

小額でのファクタリングも可能ですが、費用や手数料を考えると多少まとまった売掛債権でなければ、逆に損してしまうことになるので注意してください。

ファクタリングの特徴

ファクタリングは売掛債権という入ってくる売り上げを購入してもらい、手数料を支払い前払いしてもらうという仕組みですので、ビジネスローンや法人融資などといった借金ではありません。

例えば銀行融資などと比較してみましょう。

銀行から法人が融資を受ける場合、用意する前述したものよりも多くの書類が必要ですし、審査にも一ヶ月以上かかることがあります。最悪、審査に通らないこともありますし、希望する融資額を受け取ることができない可能性もあります。

消費者金融などは即日融資されることがありますが、金額が小さかったり、結局事業資金目的での融資となると時間はかかります。金利も高いですし、逆に会社を窮地に追い込む可能性すら否定できません。

一方、ジャパンファクターのファクタリングは最短即日で買取りが可能になり、即日資金調達ができます。

ファクタリングは融資ではなく、債権を買取りするわけですから余計な審査は必要ありません。

当然、売掛先の審査などはありますが、銀行融資とは性質が違うため安心して利用できます。

しかしファクタリングにもメリットデメリットは存在します。

とはいえ、今すぐ事業資金を調達しないと経営が危ないといった時、売掛金があるのであればファクタリングを利用し資金調達するべきではないでしょうか。

ファクタリングについてのまとめ

ファクタリングについてご紹介しまたがご理解頂けましたでしょうか。

従業員の給与が払えない、仕入れ代がない、下請け業者に今すぐ支払いをしなくてはいけない…、そういった緊急時に即日資金調達可能なジャパンファクターのファクタリングは非常に便利です。

福岡・東京に本社を構えるジャパンファクターでは、さまざまな企業様と契約をしてきた実績があり、ファクタリングの知識がないという方にも分かりやすく丁寧な対応で、お客様にとって最善の提示を行っています。

>ファクタリングならジャパンファクター!

ファクタリングならジャパンファクター!

ジャパンファクターなら最短即日で売掛債権を買取り!
全国出張可能で出張費用はかかりません!
事業資金問題でお悩みの経営者様は一度ジャパンファクターへご相談ください!

CTR IMG