メニュー

更新日 2016年7月12日

覚えておくべきファクタリングのメリット!借金では無いのです!

覚えておくべきファクタリングのメリット!借金では無いのです!

売掛債権を持っていながら、黒字倒産してしまうような会社が増加しています。入金が当月末締めの翌々月末払いや手形取引ばかりとなってしまい、手元に現金(キャッシュ)が無く黒字倒産してしまう企業は実は少なくありません。

切羽詰まった時、売掛先の企業に回収(相談)にいけば良いのですが、なかなか支払日期日前に払ってくれる会社は少ないでしょう。逆になんとか生き残れたとしてもその後の印象が悪く今後の取引にも悪影響が出るでしょう。それがメインの取引先だった場合、取引打ち切りとなってしまったら元も子もありません。こういった資金繰りに行き詰った企業を助ける救済策としても話題となっているのが「ファクタリング」というサービスです。

ファクタリングは先述したような売掛債権があることで、ファクタリング会社がその債権を現金購入してくれます。このことにより売掛先の対応をまたずしてしっかりと現金を手に入れることができるのです。

資金繰りを改善出来る点は経営者にとって大変大きな利点となるでしょう。ではより皆様にファクタリングの良さを知ってもらうべくファクタリングのメリットをいくつか紹介します。

まず、担保不動産や保証人などは一切要りません。それは借金では無いからです。むしろ、世界的なビルが担保であって、経団連の理事長が保証人であっても、売掛債権が無ければファクタリングは出来ません。

そもそも、ファクタリングは融資では無いので、借入金では無いのです。その辺りをしっかりと理解すると良いでしょう。さらに、売掛金さえあれば赤字決算や税金滞納中であったり債務超過も全く問題ありません。

くどいようですが、ファクタリングは融資ではありません。売掛債権という売買記録さえしっかりとあれば良いのです。また融資では無いということは借入金ではないので信用情報には一切関係ありません。

そういった経理処理(売掛金を現預金に換えるキャッシュフロー経営)をすることができるので、ファクタリングが原因で銀行が融資をしてくれなくなるとか、そういった心配は一切無くなるわけです。貸借対照表上の負債にもならず、そもそもキャッシュフロー改善ということで、企業側の価値自体がグンと上がり、むしろ資金調達しやすくなります。

こういった、美味しいところ満載なのが、ファクタリングです。ぜひ、ピンチに陥った時にはしっかりとファクタリングを思い出してください。

トピックス

記事一覧はコチラ