メニュー

更新日 2016年7月30日

中小企業建設会社様をファクタリングさせて頂きました。

中小企業建設会社様をファクタリングさせて頂きました。

上場企業のハウスメーカーを取引先に持つ下請け建設会社様は支払いサイトに悩んでおられました。



大手建設会社(ゼネコン・ハウスメーカー)は当月末締めの翌々月払いというのが当たり前になっております。



日本の構造上、元請け下請け孫請けというように、仕事を貰う(請ける)為には、どうしても大手建設会社と取引するしかありません。



しかしながら、材料(建材)や職人の人件費は当月分は当月支払わないといけません。



以前は手形取引(手形決済)で受け取った手形(ゼネコン等が振出人)を割引(手形割引業者)して現金化していたものです。



しかし最近は手形取引自体が減ってきました。



それに代わって弊社が提供するサービス「ファクタリング」が急激にシェアを伸ばしております。



金融先進国アメリカでは銀行融資を活用する中小企業よりもファクタリングを活用する会社が多いのです。



そもそも手形取引自体日本特有のものなのです。そこで日本国(金融庁・経済産業省)としてもアメリカを見習い「資金調達手段の多様化」を広めて行きたい考えなのです。



銀行融資に頼りすぎる日本の金融制度は、景気の善し悪しに左右されます。特にバブル崩壊後の銀行による不良債権問題の時には貸し渋り、貸し剥がし等で中小企業の資金繰りがとても悪化しました。当然大企業、中小企業の倒産も相次ぎました。



そんな中、今一番注目されているのがファクタリングなのです。

建設業者に例えれば、ゼネコンやハウスメーカーの信用力を元に資金調達出来るファクタリングサービスはとても便利であります。



この度は、無理なく月商(1千万円)の半額(500万円)をファクタリング希望されました。即日買取後振込させて頂きました。



社長様からは建材の支払いや従業員へのボーナスが出せると、とても喜びの声を頂けました。



弊社では中小企業の経営者を始め、個人事業主様、様々な業種に対応しております。是非お気軽にお問い合わせ下さい。



ご連絡お待ちしておりますm(_ _)m

トピックス

記事一覧はコチラ